松下資料館 トップページ>館長からのメッセージ

館長からのメッセージ

起業を志している方へ
2009年8月

■未曽有の不況が続く今日、ともすれば起業家精神が失われがちになります。

しかし、過去の歴史を振り返ると、大きな不況、危機の時にこそ、画期的な新技術や新商品が生まれ、大飛躍の転機になってきたことがわかります。

たとえば、1929年の世界恐慌突入直後に、トヨタ自動織機が自動車の開発に着手、 1945年の第二次世界大戦直後に、コンピュータの元祖が誕生します。 また、1979年の第二次オイルショックの時にソニーのウォークマンが誕生、1997年の日本、アジアの金融危機のころ、アメリカでグーグルが設立されました。 そして、2000年のITバブルの崩壊の翌年、アップルがIPODを発売しました。

■松下幸之助が創業したパナソニックも、戦前、戦後の不況時にその後の大飛躍の基盤が築かれ、今日のグローバル企業へと発展してきました。 その実践体験から幸之助は、「不況またよし、不況は飛躍の好機!」と一貫して言い続けてきました。

世界中が大不況に直面している今こそ、起業を志すチャンスかも知れません。 当資料館にご来館頂き、成功する起業のヒントを見つけて頂く一助にしてください。

<幸之助流起業成功8つのポイント>
1.使命感を持つ
2.流れを見抜く
3.志を持ち続ける
4.創意工夫を発揮する
5.衆知を集める
6.失敗を恐れない
7.マイナスをプラスに変える発想を持つ
8.強い熱意を持ち続ける

■当資料館では、皆様のご要望に応じて適宜、講義、講演等も開催致しております。 松下幸之助の経営哲学他、「幸之助流・起業成功のポイント」についてご関心がある方は  ご予約の際にご相談頂ければ幸いです。

皆様のご来館をお待ちしております。

財団法人 松下社会科学振興財団
松下資料館 館長 川越森雄

過去の記事はこちら最新の記事はこちら