松下資料館 トップページ>館長からのメッセージ

館長からのメッセージ

売り手よし、買い手よし、世間によし、
「三方よし」 - 現代にも通じる近江商人の商人道
2009年11月

 過日、滋賀県東近江市五個荘(ごかしょう)の近江商人博物館を訪ね、学芸員の上平千恵さんの「今、近江商人に学ぶこと」というテーマでの講演を聴くとともに、館内を見学しました。そこで、近江商人が江戸時代を中心に北海道から九州に至る日本中で大活躍し、今日の商社や百貨店、専門販売店等の源流であるとともに、その教えは、日本の商人道の原点になっていることを、改めて知りました。

 また、弊資料館でご紹介している、「松下幸之助の経営道・商人道」の原点は、大阪・船場の丁稚奉公時代の幸之助の体験にあることはよく知られていることですが、その源流は「近江商人の商人道」にあることも改めて確認しました。

 グローバル経済がますます進展する今日、そして世界的な不況の出口が未だ見えない今こそ、近江商人の商人道を学び、商売、経営の原点に立ち返る中に、危機を克服するヒントが見い出せるように思います。

■ 「三方よし」とは
近江商人の商売の理念として最も有名な言葉。 商いは、売り手が利益を得て、買い手が満足する商品を手に入れるという、売り手も買い手も、ともに納得できる取引でなければならない。そして、その取引で得られた利益は広く世のため、人のために還元されなければならない、という意味です。  今日のCSR、松下幸之助の「共存共栄」につながる考えです。

■ 近江商人博物館
近江商人の発生前史から隆盛期そして未来へと続く近江商人の全貌を映像や展示物で分かりやすく紹介。
<お問合せ> TEL 0748-48-7101
URL http://omishounin.boy.jp/

◆弊資料館では、近江商人の教えを広く皆様にご紹介いたしたく、「近江商人展」を企画中です。開催内容については、当ホームページで改めてご案内いたします。 ぜひご期待ください。

皆様のご来館をお待ちしております。

財団法人 松下社会科学振興財団
松下資料館 館長 川越森雄

過去の記事はこちら最新の記事はこちら