松下資料館 トップページ>館長からのメッセージ

館長からのメッセージ

ホームページをリニューアルしました
2012年7月

7月から松下資料館のホームページをリニューアルいたしました。長く慣れ親しんでいただいてきた方々には、今までと勝手が違うために戸惑われたりすることが生じるかもしれません。もしご不便をお感じになられるようなことがございましたならば、参考にさせていただきたいと存じますのでご意見をいただければ幸いです。

リニューアルをするにあたって、次の5点を特に考慮いたしました。

  1. 4:3の画面を現在主流となっているパソコンサイズ16:9に変更
  2. 当館のご利用方法をさらに詳しくかつわかりやすい内容に改善
  3. アクセス方法をより一層わかりやすく明示
  4. eメールやFAXによる申し込みフォーマットおよび申込方法を整備
  5. 松下幸之助に関するお勧め関連サイトを新設

今まで、当館はホームページおよび一部の雑誌以外あまり積極的に宣伝・広報をしてまいりませんでした。それでも、ご来館者からのご紹介や口コミで年々来館される方が増えてきております。そういう中で、当館を事前に知りたいという場合は、ホームページをご覧になる方がほとんどでした。それだけにホームページをリニューアルするにあたって、上記のような課題に取り組む必要がありました。

さらに、検討するに際して参考になったのは、松下幸之助の次の文章でした。

「メーカーの使命は、やはりなんといっても真に人びとの役に立つ良い品物をつくることだと思います。それなくしては、生産者としての存在価値がないといえましょう。しかし、ただ良品をつくれば、それでおしまいかというと、それだけではないと思うのです。そのことを何らかの方法で広く人びとに知らせることが大切だと思います。『今度、こういういい品物ができました。これをお使いいただければ、必ずあなたの生活にプラスになりますよ』ということを人びとに知らせる、いわば義務があるといえましょう。そこに広告宣伝というものの意義があるわけです。ですから、広告宣伝の意義は、本来決していわゆる売らんがためのものではないと思います。こんないいものができた、これをなんとかして知らせたい、そういうところから出てくる、まことに尊い仕事ではないでしょうか。」(「経営心得帖」PHP研究所刊より)

当館には、松下幸之助という素晴らしいコンテンツがあります。その魅力をどのようにして簡潔に伝え、多くの方々に来館したいと思っていただけるようにするかということを配慮させていただきました。

当館のファンのみなさま、このたびのホームページのリニューアルを機に、今まで以上にこのホームページをご利用をいただきまして、多くの方々に松下幸之助の魅力をお伝えいただければと願っております。私どもも、さらに充実した活動をしてみなさまにご満足をいただけるよう工夫・努力をしてまいります。これからもどうぞよろしくお願いを申しあげます。

『経営心得帖』『経営心得帖』(写真左)PHP研究所刊
2冊とも松下資料館経営図書館にあります

皆様のご来館をお待ちしております。

公益財団法人 松下社会科学振興財団
松下資料館 館長 遠藤紀夫

過去の記事はこちら最新の記事はこちら