松下資料館 トップページ>館長からのメッセージ

館長からのメッセージ

京都駅前に新施設オープンです
2013年12月

松下資料館は、京都府木津川市にあるハイタッチリサーチパークに1994年(平成6年)4月27日に設立されました。松下幸之助さんの夫人松下むめのさんの遺志“後世の方々に松下幸之助哲学を伝えてほしい”という願いのもと、以来19年間、落ち着いた自然環境の中で運営をしてまいりました。
今日までに約8万人のご来館者が訪れてくださいましたことは大変嬉しく、また私ども関係者にとりましては心強い応援をいただいてきたと心より感謝を申し上げます。
来年創設20周年を迎えるにあたり、本年12月4日に京都駅前のPHPビル内で新施設としてオープンをいたしました。京都の玄関口ともいえる京都駅前に位置しますので、今まで以上にアクセスがよくなります。

新施設の概要をここでご紹介いたしましょう。

◎展示コーナー
  ・展示パネルと映像ブースは従来と同じ内容です。 ※日本語・英語・中国語 対応
  ・年表コーナーの松下幸之助の生涯を紹介した映像が約15分の内容で新しくなりました。タイトルは、「道~松下幸之助 志の軌跡」です。
   ※日本語・英語・中国語・韓国語 対応
◎庭園シアター
  ・従来の和室シアターが、松下幸之助の別邸「真々庵」の庭園をイメージしたシアターに新しく装いを変えております。50人以上を収容できる
   大きなスペースになりました。
  ・二つの映像「素直な心になるために」「松下幸之助の宇宙観・人間観」を視聴できます。 ※日本語・英語・中国語・韓国語 対応
◎講 話 室
  ・二つの講話室があり、それぞれ約25人を収容することができます。また、50人の方々への講話を一度に行うことも可能です。
◎経営図書館
   ・「現代経営に役立つ」に特化した図書2万冊以上を蔵しています。
   新幹線を間近に見ることができる大きな窓は気分転換になると思います。

この他には、経営図書館に月刊誌「PHP」の特設コーナーを設け、創刊号から最新号までのバックナンバーを全て揃えました。
アクセスが大変よくなりましたので、社外研修や異業種勉強会等でさらに利用しやすくなると思います。また、観光や学会・業界のイベント等で京都に来られた折には、ぜひ松下資料館にもお立ち寄りいただければと存じます。
最近、次のようなことをおっしゃる経営者の方がいらっしゃいました。「松下資料館に来ると元気・勇気・やる気が出る。ここは、パワースポットだ!」
私ども職員、パワースポットの名に恥じないようみなさまを心よりお迎えをさせていただきます。これからもよろしくお願い申し上げます。

PHPビル3階松下資料館の入口PHPビル3階松下資料館の入口に松下幸之助の等身大パネルがあります
新施設オープンの御祝いのお花をいただきました

皆様のご来館をお待ちしております。

公益財団法人 松下社会科学振興財団
松下資料館 館長 遠藤紀夫

過去の記事はこちら最新の記事はこちら