松下資料館 トップページ>館長からのメッセージ

館長からのメッセージ

松下資料館がさらに進化しました
2018年2月

 松下資料館の展示室が、本年1月22日より新しい映像機器・システムになり、新コンテンツも加わりました。概要は次の通りです。

●全ての映像コンテンツをデジタル化してサーバーから配信するシステムに変更いたしました。
今までテーマ毎に4つの映像ブースに分かれていたのですが、この変更により、どのブースでも同じ映像を視聴していただけるようになりました。テーマ毎に各ブースを移動して視聴する必要がなくなりました

●松下幸之助の数ある著書の中で最も人気のある「道をひらく」から厳選した5編の朗読映像が新たに映像ブースに加わりました。
お客さまに京都・関西の雰囲気を味わっていただくために、女優の三林京子(みつばやし きょうこ)さんに、あえて関西アクセントで朗読をしていただいております。心に響く味わいのある朗読にみなさん魅了されることと思います。5編のタイトルは次の通りです。
   ・道
   ・学ぶ心
   ・思い悩む
   ・時を待つ心
   ・見方を変える

●「政治への情熱」コーナーのテレビには、新たに松下幸之助の「PHP実現の思い」「松下政経塾生に望んだこと」の40の言葉がくり返し流れるようになりました。
私が若かりし頃、「松下政経塾はPHPの思いから生まれたものだ」と、松下幸之助から直接聞いたことがあります。“物心両面の調和ある豊かさによって平和と幸福をもたらそう”というPHP実現のための松下幸之助の思いを、40の言葉から知ることができます。

 このように進化した松下資料館で、松下幸之助との心の対話をさらに深めていただければ幸いです。

映像ブース映像ブース
朗読「道をひらく」から

みなさまのご来館をお待ちしております。

公益財団法人 松下社会科学振興財団
松下資料館 館長 遠藤紀夫

過去の記事はこちら最新の記事はこちら