松下資料館 トップページ>資料館のご案内>経営研究活動>活動内容

経営研究活動

講演会

名 称 「新・観光立国として日本はどう変わるべきか」
実施日
2019年2月22日
講演テーマ/
講演者
「新・観光立国として日本はどう変わるべきか」
株式会社小西美術工藝社 代表取締役社長
デービッド・アトキンソン 氏
講演会概要 松下幸之助は昭和27年に、これからの日本は「観光立国」の実現をはかるべきであると提唱していた。しかし今日の日本は、観光大国となるための「気候」「自然」「文化」「食事」の4大条件がすべてそろってはいるものの、まだ観光先進国と言えるほどではない。その潜在力・強みを活かして、観光先進国としての新たな国づくりをしようと提言してきたアトキンソン氏は、日本政府の「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議委員」をはじめ各地の観光振興などにも奔走してきた。氏が考える「新・観光立国」について、その考え方と方策を語る。
講演要旨 デービッド・アトキンソン氏の講演要旨

※肩書は当時のものを掲載しています。

≪ 活動内容へ戻る