松下資料館 トップページ>トピックス

トピックス

第二回 教養講座「ハンディはプラスに転換できる!-松下幸之助の行き方・考え方をヒントに-」を開催いたしました

8月1日(木)松下資料館 第二回 教養講座を開催いたしました。
 講師には、株式会社PHP研究所 経営理念研究本部 平山健太郎氏をお迎えし、「ハンディはプラスに転換できる!-松下幸之助の行き方・考え方をヒントに-」と題した講演をしていただきました。
仕事を通して松下幸之助の考え方に出会い、視覚障害という自らのハンディを乗り越える努力をしてきた氏の話は、大変感動的で、私たちに生きる励ましを与えてくれました。
 ご参加者からは、次のような感想が寄せられましたので、一部ご紹介をいたします。

  • 松下幸之助さんの名言やエピソードばかりでなく、平山さんご自身の体験を具体例として織りまぜながらご講演くださり、いろいろと思うこと、学ぶところがありました。
  • 誠実なお人柄が伝わりました。「自分は運が強い」と思い、プラス思考に物事を考えられるようにしたい。
  • 素直な心の持ち主である平山氏から、勇気を頂きました。31歳とは思えないほどの素晴らしいご講演でした。障害を乗り越えられ、幸之助氏とご縁をいただかれたのはやはり平山氏の持っている心の豊かさだと感じました。
  • ご自身の体験を交えながら、具体的にどうプラスにしていったか、とても分かりやすくお話していただきました。ありがとうございました。「なんで自分ばっかりこんな目にあうのか・・・」と思ってしまうことが多いと思いますが、今生きていること、生活できていることが「運がいい」と思うだけでもプラスに転換していけるような気がしました。
  • 就労支援を行なっていますが、平山さんの取り組まれてきたこと、幸之助氏の考え方をヒントにしてステップアップされてきたことなど、とても具体的に話していただき、私自身の仕事に(生き方に)大変参考になりました。障害があり、就労等でつまずいている人にも、前向きに考えることや希望が持てる内容だったと思います。ありがとうございました。

ご講演風景 ご講演風景
ご講演風景 ご講演風景

過去の記事はこちら