松下資料館 トップページ>館長からのメッセージ

館長からのメッセージ

衆知を集めて、自らを励ます
2021年1月

 みなさん、明けましておめでとうございます。
 昨年から続く新型コロナの感染拡大によって世の中が自粛ムードになり、恒例の行事をやめなければならない事態が相次いでいます。そして、ウイルスが原因で多くの方が亡くなられたり重症化するなど、医療危機に陥るという大変な事態になっています。さらには、飲食業や観光業等の企業の倒産が相次ぎ、経済面でも大打撃を受けています。まさに世界中がコロナ禍で混迷した一年でした。こうした状況は、まだしばらく続くのではないかといった見解が一般的なようです。

 “本来人間は自由であるべきだ”といった自らの考えから、マスクを装着しなかったり、密な状態で飲食をする人がいます。新型コロナに感染するのは自己責任という主張のようです。しかし、その人が陽性になって自由に振舞っていたら、他の人に感染する可能性が非常に高くなるのです。逼迫している医療にさらなる負担をかけることにもなります。この場合の自己責任という主張は、まったく無責任ということになるのではないでしょうか。社会に迷惑をかけることになるのですから。
 ※身体的にマスク装着が可能な方を対象に申し上げています。

 私たちが自由を満喫できるのは、社会的な道徳やルール・マナーをみんなが守った上でのことです。それを守らずに、自らの自由を主張するのは身勝手としか言いようがありません。コロナ禍を乗り切るには、まずみんなが感染防止のルールをきちんと守ることが基本になるのです。守らない人がたくさんいると、ワクチンが世界中に行き渡るまでは、いつまで経ってもコロナ禍は収束しないでしょう。感染防止のルールを守って自粛する、これしかないのです。

 そうは言っても、「いつまで自粛しなければならないのか」といった苛立ちや閉塞感がつのってきます。どうしたらいいのでしょうか。私は精神医学の専門家ではありませんので、自らの経験による考えを述べたいと思います。それは、「衆知を集めて、自らを励ます」ということです。

 人間は全知全能の神様ではありませんから、どうしたらいいか悩んだり、困ったりするのは当たり前のことだと思います。わからないことや困ったことがあれば、内にこもらないでいろんな人に聞いてみたらいいでしょう。自分には思いもよらなかったヒントや打開策が見えてきます。まさに松下幸之助が大事にしていた“衆知を集める”です。

 そして、“コロナ禍が収束したら、やりたいことがある。それまで頑張るぞ!”と自分を説得し励ますことも大切です。もし、ネガティブな考えがよぎったら意識的にポジティブに受け止めるようにするのです。自分には能力がないと思うのではなく、能力のある人に協力してもらおうと考えるのです。さらには、深刻になりそうになったら“どうにかなる”と柔軟な思考をして物の見方を変えてみるのです。違った方向から見ると、物事が新しく見えたりするものです。このようにポジティブに考えて自分を励ます習慣づけができるようにすれば、苛立ちや閉塞感から抜け出す一助になり、心が軽くなっていきます。

 「衆知を集めて、自らを励ます」、これが全てではありませんが、コロナ禍が収束するまで、この考え方をもとに実践してみるのも一案だと思います。明るい一年にするヒントにしていただければ幸いです。

展示室「経営道・商人道」コーナー展示室「経営道・商人道」コーナー
松下幸之助が確立した経営理念や、経営、商売の基本のあり方を紹介しています

みなさまのご来館をお待ちしております。

公益財団法人 松下社会科学振興財団
松下資料館 館長 遠藤紀夫

過去の記事はこちら最新の記事はこちら