松下資料館 トップページ>館長からのメッセージ

館長からのメッセージ

「社員稼業」のすすめ
2021年8月

 標題の『社員稼業』って何?と思われる人は多いと思います。これは松下幸之助の造語で、『社員稼業~仕事のコツ・人生の味』(松下幸之助著 PHP研究所刊)の中で、次のように書かれています。

「『社員稼業』という言葉は、あるいはききなれない言葉かとも思うが、これはかつて私が松下電器の社員に向けて話したものである。その意味するところ、内容については、本文のはじめにくわしくのべているが、一言でいうなら、会社に勤める社員のみなさんが、自分は単なる会社の一社員ではなく、社員という独立した事業を営む主人公であり経営者である、自分は社員稼業の店主である、というように考えてみてはどうか、ということである。」

 これを簡単にいうと、社員一人ひとりが自分の仕事全体を自分の店と考えて、自分の店を発展させる店主・経営者として仕事をするということです。自分の店を発展させるためには、まず信用を得なければいけませんし、いい仕事をしてファン(協力者や顧客)を増やさなければなりません。つまり、社員全員が経営者でなければならない、というのが松下幸之助の考えなのです。

 自分は会社から給料をもらっているサラリーマンだから、上司の指示に従ってきちんと仕事をすればいいんだ、と考える人は少なからずいると思います。松下幸之助は、給料は会社が代理で出しているのであって、本来は社会(お客さま・お得意さま等)が給料を出してくれている、と述べています。社会に役立ったから、お客さまに喜ばれたから、社会が私たちに給料を出してくれているのだと。

 社会はどんどん進化を続けています。社会の進化に合わせて私たちの会社にも進化が求められます。会社が進化しなければ、社会の期待に応えられなくなり消滅せざるをえなくなります。会社が進化するためには、それぞれの現場が進化していかなければいけません。社長さん一人がいくら孤軍奮闘しても、すべての現場に自らの力を注ぐことは困難です。現場を受け持っている社員一人ひとりが仕事を通して進化・成長していかなければ会社は進化しないし、社会の期待に応えることはできないのです。社員全員が経営者という考えで仕事をすれば、会社は社会の期待に応えることができ、社会からその報酬として給料をいただくことができるというわけです。

 つまり、社員はみんな社員稼業の経営者であって、自分の店を発展させるために、社会の進化に合わせて工夫・努力をしていく積極的な人材でなければならないのです。社会の動きに鈍感であってはならない、そして物事を他人事と受け止めるような指示待ち族になってはならないのです。

 では、社員稼業として自分の店をどう発展させていけばいいのでしょうか。その基本をいくつか列挙して本稿を終えたいと思います。

●周り(お客さま、上司・先輩・部下・後輩、他部署の人、業者さん等の関係者)はすべて大事な顧客と考える。
  ・(すべての顧客に対して)感動してもらえるような、喜んでもらえるような工夫をした対応を心がけ、ファンになってもらう。
  ・(すべての顧客に対して)挨拶をはじめとしたマナーをきちんと実践する。顧客は、マナーができている人とできてない人の比較をして信用の尺度とする傾向がある。
  ・(すべての顧客に対して)数字や具体例を使って事実に基づいた報連相を心がける。あいまいな説明よりも、具体的な説明であれば説得力があり、信頼されやすい。
●わからないこと、できないことがあれば、一人で悩まずに人に聞きにいく。聞くことを恥じるよりも、聞きにいかないことを恥じなければならない。
●物事に対して「なぜ?」と考え、問題点や危機、あるいはなすべきことに気づくようにする。
●常に反省を心がける。とらわれた物の見方をしていないか、素直な心で「何が正しいか」を考える習慣づけをする。
●主体性を持つ。上司から指示されたことでも、意にそぐわなければ堂々と自らの意見を述べる。

『社員稼業』(PHP研究所刊)『社員稼業~仕事のコツ・人生の味』(PHP研究所刊)
経営図書館にあります

みなさまのご来館をお待ちしております。

公益財団法人 松下社会科学振興財団
松下資料館 館長 遠藤紀夫

過去の記事はこちら最新の記事はこちら