ご来館者の声|松下資料館 Matsushita Memorial Library
松下資料館 トップページ>ご来館者の声

ご来館者の声

ご来館者の声

展示室設置ご感想ノート 研修レポート
・和室シアターにご感想ノートを設置しております(写真左) ・新入社員研修レポート(写真右)
ご来館者の皆さまからご感想をいただきました
松下資料館は、企業の新入社員研修としても数多くご利用いただいております。
今回は、ご見学後に頂戴した「新入社員研修レポート」の一部をご紹介いたします。
  • 松下幸之助さんは、経営者としての手腕だけでなく、人間としても非常に深い人だと感じました。私は松下さんの「成功するまで続けて成功」という言葉が印象深かったのですが、これからの社会人生活で挫折しそうになったときには、この言葉を思い出して、成功するまで途中で投げ出すことなく、成功するまで続けようと思いました。
  • 私のモットーは「今を生きる」です。先のことを考えるのと同じくらいに今を全力で、出来る限りのことをしたいと思っています。展示場のVTRで松下さんが「その日その日を大切にしていたら結果的にこのように大きくなっていた」とおっしゃっており、非常に共感できて嬉しかったです。今後仕事が本格的に始まったら1日1日の業務を一生懸命頑張っていきたいと思います。
  • ワークショップ<社会人として大切にしたいこと>の最後に出た、「感謝は相手の感激を呼び、さらに多くの感謝へとつなげるエネルギーとなる」という言葉が深く胸に残っています。日頃、人に何かしてもらった時に、感謝を言うことが疎かになってきているように感じます。私は日頃から感謝やあいさつには注意していますが、この言葉を聞いて、さらにあいさつや感謝の大切さを知りました。
  • 経営という言葉は会社を経営するという使い方だけでなく、自己を経営するという使い方もあると松下さんはおっしゃっていました。松下さんがこれをおっしゃったのは、他に依存して良くなろうという考えを持った人間が多いからだそうです。私も振り返ってみると、誰かがやるだろうと他の人に任せて、自分は楽をしていたことがたくさんありました。自分自身をしっかり戒め、すすんで行動を起こす人間になるように自己経営をしなくてはならないと感じました。
  • 今は教えてもらうことばかりで、学ぼうという気持ちがあるのは当たり前だと思います。松下幸之助さんのように、いつまでも学ぶ気持ちを持ち続けて、向上というものを追求していきたいです。
過去の記事

最新の記事はこちら