ご来館者の声|松下資料館 Matsushita Memorial Library
松下資料館 トップページ>ご来館者の声

ご来館者の声

ご来館者の声

和室シアター 展示室「人生の生き方・考え方/働くということ」コーナー
和室シアター映像「素直な心になるために」(写真左) 「素直」は松下幸之助の揮毫
ご来館者の皆さまからご感想をいただきました
松下幸之助が提唱していた「素直な心」について、さまざまなご感想が寄せられています。
今回は、その一部をご紹介いたします。
  • こちらで学んだことのひとつが「素直な心」です。「素直な心」とは、何事も先入観を持たずに曇りのない心で物事をありのままに見ることと教えていただきました。私は大人になり知識も情報も得て、物事を「素直」に見ることを忘れていたように思います。とても大事なことに気づかされました。これからは「素直な心」で日々過ごし、よりよい人生を送れるよう努力していきます。 (「職場見学感想レポート」より抜粋)
  • 松下幸之助さんの名前は聞いたことはありましたが、詳しいことは何も知りませんでした。初めの説明の中で、体の弱いところは社員に助けてもらったり、知識不足のところは専門の方に教えてもらうという部分に驚きました。私自身今までの仕事でなかなか人に頼ったり任せることが出来ず、無理をしたり意地になっていた部分が多かったのではないかと思いました。最後に頂いた素直な心の自己診断チェックシートをしてみて、改善すべきところがわかってきました。急には難しいかもしれませんが、少しずつ「素直な心」に近づけて今後に活かしていけたらと思います。 (「職場見学感想レポート」より抜粋)
  • 私は当年41歳になりますが、中学卒業の時に恩師から故松下幸之助氏の著書『素直な心になるために』を賜りました。現在の日本や私自身の境遇を考えてみると素直な心じゃないなあと多々反省する点があります。原点に戻って原石を磨こうと思いました。   (「ご感想ノート」より/男性)
  • いろいろな人に出会うと、就職して仕事をしていくと、なかなか素直になれないことも増えつつ・・・。素直になれる相手に出逢いたいなんて言っていましたが、そんな時ホームページにたどりつきました。今日やっと来館することができました。誕生日の今日、素敵な一年になりそうです。 (「ご感想ノート」より/女性)
  • 感銘するお話や貴重なエピソード等を盛り込みながらのご講義や展示室の見学により松下創業者の経営理念や思想・哲学を学び直す事が出来ました。『素直な心』を考える自己診断チェックシートで、本日より『日に新た』に『人を活かす』事を意識して公私ともに頑張りたいと考えております。 (企業研修ご責任者/お手紙より抜粋)
過去の記事

最新の記事はこちら